引越しトラック 大きさ 道路の幅

引越しトラックの大きさと道路の幅

引越し トラック 大きさ

 

引越しトラックの大きさはいろいろありますが、すべての荷物が何畳の部屋に収まりきるかでおおよその大きさを計算してトラックを決めます。
大きいほうが安心ですが、大きいトラックはガソリン代などの経費がかかるので大きすぎないトラックが理想的です。

 

しかし物件に面する道路の幅が狭い時は、選んだトラックが使えない場合もあります。
トラックの大きさと道路の幅の関係を確認しておきましょう。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

山道や川沿いなどは土地が限られているため細い道路も多いです。
都会も道路が狭いところが多いので、トラックを停車する場所にも気をつけなければいけません。

 

物件に面する道路が狭いと感じたら、早めに引越し業者に相談しておくといいですね。

トップページ > 家具の移動の業者で格安にする方法がわかるとお得