引越し キャンセル料

引越しとキャンセル料

引越し キャンセル

 

急病や急用でどうしても引越しをキャンセルしなければならない場合、キャンセル料はどうなるのでしょうか?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
これによりますと、次のようなことがわかります。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できます。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということです。

 

引越しの前日からキャンセル料が発生することがわかります。
そんなにギリギリまで大丈夫なんだ・・・と驚きませんか?

 

実はこれは短すぎるという意見もあって、そのうち「標準引越運送約款」は改訂される可能性があるので、必ず引越し業者と交わした契約書の「キャンセル」の項目にも目を通して確認してください。

 

3日前のキャンセルでも1週間前のキャンセルでも、引越し業者には迷惑がかかることに間違いはありません。

 

ですからキャンセルをすることが決まったら、できるだけ早く引越し業者に連絡してくださいね。

 

時期に多少なりとも余裕があれば他の人の引越しの予約を受け付けることができるので、ギリギリにキャンセルするのは止めましょう。

トップページ > 家具の移動の業者で格安にする方法がわかるとお得