家具 移動 業者

家具の移動を格安にする方法教えます!

家具 移動

 

家具 運ぶ

 

家具 配送

 

家具 送る

 

家具 輸送

 

家具 運ぶ

 

大型家具 移動

 

家具の移動は重労働です。
ソファ、ベッド、タンス、食器棚、本棚・・・大きなものも多いですね。

 

模様替えでの移動なら自力でもできますが、誰かにゆずりたい、引越ししたいなどの場合はやはり引越し業者がオススメです。
さらに格安で運んでくれる引越し業者を見つけたいと思いませんか?

 

それなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

家具 移動

 

引越し業者は家具を運ぶプロです。
短時間で手際とよく家具を運んでくれます。

 

それに引越し業者は数が多いため、料金にも差が生まれやすく費用が格安になるチャンスがあります。
これは宅配業者や便利屋ではかないません。

 

引越し業者は家具などの大きなものだけを運んでくれるサービスがあります。
お気軽に見積もりを依頼してみてくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越し業者の扱うオプションとは?

 

家具 移動 オプション

 

引越し費用は、人件費・輸送費そしてオプション代から成り立っています。
ではこの「オプション」には、どんなものがあるのでしょうか?

 

代表的なオプションには次のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

オプションの中でも依頼が多いのはエアコンの取り付け・取り外しなのだそうです。

 

確かにエアコンの移設は配管が複雑なので、自分でやろうと思ってもできません。
かといって引越し前後に電気屋に手配してやってもらうのも二度手間で面倒です。

 

引越し業者にオプションでエアコンの移設を依頼しておけば、専門の業者が来てやってくれます。
自分で手配する手間が省けますし、料金も自分で依頼するのとさほど変わりません。

 

ピアノは100kg近くある楽器で、しかも高額なので小さな引っ越し業者は敬遠して扱っていないことがあります。
大手の引越し業者には、ピアノを運ぶ専門の部署があるところがあるので運ぶことができます。

 

ピアノの運搬がある場合は、一括見積もりの際に「ピアノ」にチェックするのをお忘れなく。
ピアノの運搬が出来る業者を選んで見積もりを取ってくれます。

 

 

レンタルトラックで家具を運ぶ

 

引越し レンタルトラック

 

レンタルトラックで大きな家財を運べば、安く引越しできるのではないだろうか?誰しもすこしは頭をよぎるのではないでしょうか?
実際はどうなのか、いろいろなシュミレーションをしてみました。

 

まず普通免許で借りることの出来るトラックは2t未満です。
2t未満のトラックを調べると1tトラック・1.5tトラック・軽トラックがあります。
荷台の大きさはだいたい以下の通りなので、どのくらいの大きさの家具や荷物を運ぶかによってトラックのサイズを決めてくださいね。

 

1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

トラックのレンタル料は、だいたいどのトラックも1日7000円〜10000円です。
さらに返却間際にガソリンを入れて、返却時にレシートを見せなければなりませんから「使った分のガソリン代」もかかります。

 

これだけで家具を運ぶことが出来るなら安いですが、大きな家具や重い家具があるときは1人では運べませんから、お手伝いをしてくれる人が必要です。
その場合は、手伝ってくれた人への謝礼やお弁当代なども必要です。

 

レンタルトラックでの引越しの最大の問題は距離です。

 

新居が近くであれば非常に効率的に引越しができますが、遠距離になるとそうはいきません。
往復の交通費か、トラックを借りた店舗と違う店舗へ返却するための手数料のいずれかを払う必要があります。

 

この場合は「安く引越し」という目的が非常に微妙になるのです。
まずは引越し業者へ見積もりを取って比較することをオススメします。

 

 

引越し費用を安くする方法

 

家具 運ぶ 安く

 

荷物の配送は普通はいつ依頼しても料金は同じはずですね。

 

しかし引越し業者に依頼すると、荷物の量が同じで運ぶ距離が同じであれば、どの月に頼んでも料金が同じというような単純な話ではありません。

 

なぜなら引越し業者には定価がないため、繁忙期の費用は高いです。
1年のうちで引越しの件数が最も多いのが3月です。つまり繁忙期は3月前後になります。

 

3〜4月は日本中で新学期のために最も多くの人が移動する時期で、この時期はどうしても引っ越しの料金は高く設定されています。
もしずらせるなら、3月の利用は避けましょう。

 

曜日で言うと土日祝日は高く、時間で言うと午前は高い傾向にあります。

 

逆を言うと、平日の午後であれば安くなる可能性があるということですね。
また時間指定をしないフリー便であれば、割引のある引越し業者もありますので狙い目です。

 

もし友人が引越しを手伝ってくれるなら、トラックとドライバーだけを手配するチャーター便を使うことができます。

 

遠方へ運びたい場合は、一番費用がかかります。
もし時間に余裕があるのなら同じ地域に荷物をまとめて運ぶ「混載便」を待つという手もあります。
これは配送までに時間がかかるかもしれませんが、費用がかなり抑えられます。

 

あとは荷物が少ないのであれば、「パック便」や「コンテナ便」もオススメです。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの時はすることが多く大変なので、先にだいたいの手順を知っておくと無駄な動きが少なくて済みます。
ぜひ一度ご確認ください。

 

・引越し業者への見積もりは新居が決まってすぐがオススメです。
新居の情報がないまま見積もりを依頼しても断られることもあります。
なぜなら新居のことがわからないと正確な金額が計算できず、引越し当日に追加料金が発生するトラブルが多くなるからです。

 

・次に荷物の梱包ですが使わないものからダンボールに梱包していきましょう。
不用品がある場合は引越し前に処分し、できるだけ荷物を減らした方が引越し費用が安くて済みます。

 

・市外へ引越しする場合は転出届を出しましょう。引越し日の2週間前から出すことが出来ます。
うっかりして転出届を出さずに引越しするとちょっと面倒なことになります。
後から転出届を提出しに戻るか、書類を送ってもらうなどの手間がかかるようになります。
他にも役所関係の国民健康保険や年金、児童手当の手続きもしておきましょう。

 

・電気、ガス、水道などは引越し日までの料金を日割りで精算してくれます。
方法は会社によって異なりますので、まずは電話で確認してください。
ガスは安全のために引越し日に立ち合いで元栓を閉める作業があることがあります。

 

・郵便物を新居に届く手配が必要です。
最寄りの郵便局で「転居届」を提出すれば1年間は新居に郵便物を転送してくれます。
転居届とともに身分証明書や前の住所が記載されたハガキなどが必要です。

 

・引越し当日は荷物の移動は引越し業者にお任せください。
しかし引越し業者が運べない荷物があります。
現金・貴金属・通帳・印鑑・高級品や、パソコンのデータ・遺影などの財産や替えのない大切なものは自分で管理しましょう。

 

・市外引越しなら「転入届」、市内引越しなら「転居届」を新居に最寄りの役所に提出しましょう。
引越ししてから2週間以内に行ってください。

 

・最後に運転免許証やパスポートなどの身分証、各種保険や銀行、クレジットカードなどの住所変更をしてください。
つい忘れてしまいがちですが、大事なお知らせが届かなくなると困りますので必ず行ってくださいね。

 

 

引越しと近所への挨拶

 

引越し 挨拶

 

第一印象を良くするためにも引越しをしたらご近所に挨拶に行きましょう。

 

しかしどこまで行けばいいのか迷いますね。

 

マンションやアパートであれば左右と上下の部屋の方に、一軒家であれば向こう3軒両隣のお宅まで行くのが一般的なのだそうです。
このほかにもマンションの管理人さんや、大家さんがお近くにお住まいであればそちらにも挨拶しておきましょう。

 

一軒家の場合は長く住む可能性が高いので、町内会やゴミ当番のこともありますから自治会長さんなどにも挨拶しておくと良いですね。

 

挨拶に行くタイミングですが、できるだけ早くです。
できれば引越し当日、遅くても翌日までには行きましょう。

 

結構早くない?と驚かれたかもしれません。
しかし引越しでは長時間トラックが道路や駐車場に止まって作業をしたり、引越しスタッフのせわしい足音が響きますから、先に挨拶しておくことで印象を良くしておきましょう。

 

何か手土産を用意しておくと行きやすいのでおすすめです。
高価なものは必要なくて、500〜1000円程度のもので大丈夫です。

人気があるのは洗剤やタオルなどの消耗品、お菓子やコーヒー、紅茶などの食品です。

 

 

引越しの時に、大型家具だけ運んでもらいたい・・・

 

そう思っている方はかなり沢山いるのです。

 

大型家具 引越し

 

 

近距離の引越しなので小さいものは自分で運べるとか、できるだけ費用を安くしたいなど理由は様々です。
でも、わざわざ見積りに来てもらうと「大きな家具だけ運んでほしい。」とはなかなか言いにくいですよね。

 

かと言って、トラックを借りて自力で引越しするのは現実的ではありません。
素人が大きな家具を運ぶのは、家具の破損、物件の破損、怪我などのリスクが高いのでオススメできません。
業者に依頼するよりも引越し時間がかかるので、結局トラックのレンタル代もバカにならなくなります。

 

大型家具だけの引越しでも、引越し業者に依頼するのをオススメします。

 

見積もりを取るならインターネットでの一括見積もりが便利で簡単です。

 

 

大型家具の引越しだけお願いしたいという場合でも、一括見積もりが出来るのです。
いくつかの引越し業者の見積もりを比べることで、引越し費用が安くなるというメリットもあります。

 

見積もりはもちろん無料ですし、24時間いつでも見積もり出来るので忙しい人にもオススメです。